英語センス0のボクが洋書を「十冊」読んでみた

英語アレルギーの克服

※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

※ 当ブログはアフィリエイト広告を利用しています

 

 

英語センス0だけど、気合と根性でTOEIC600点を突破したボクは新たな挑戦をしています。

 

それは、洋書読書

 

2022年1月からちょうど一年間の期間を経て、洋書「十冊」を読んでみました。

 

本日の記事では、

  • 英語センス0からTOEIC600点を超えたら、どの程度の洋書を読めるのか?
  • 読み易い洋書のポイント
  • ズバリ!読みやすかった洋書ベスト3!

についてお話しします!

 

 

(英語は苦手だけど、洋書に挑戦してみたい)

そんなあなたにオススメの洋書を紹介しますヾ(≧▽≦)ノ♪

 

洋書読書をす始めた理由

ボクは英語アレルギー

TOEIC「230点」から5年の期間を経て、どうにか、「690点」までスコアを伸ばすことができました。

 

やっとの思いで英語アレルギーのコンプレックスを乗り越えたボクは、更なる高みを目指して、TOEICの勉強を継続しています。

 

 

ですが、、、

これまでの経験を通して気が付いたことの一つは、TOEICの勉強だけではいつまで経っても実務的な英語力は身に付かないだろうということ。

 

次のスッテプに進むためには、

生きた英語に触れていく必要がある!

そんな気がしています。

 

そこでボクは、洋書読書の習慣を取り入れてみることにしました。

 

超英語アレルギーだったボクがTOEIC「600点」を超えて洋書に挑戦!!!

果たしてその結果は…!?

 

取り組み方

闇雲に洋書を読むとなるとダラダラになってしまうので、ざっくりとしたルールを決めました。

  • 月に一冊読む
  • 一日のノルマは「5ページ」(15分程度)
  • 楽しく読む

 

Ataru
Ataru

英語とは全く関係のない資格の試験があり、3~5月の3ヶ月間はお休みしています。

 

読んだ本

それでは、実際に読んだ洋書について、時系列順に紹介していきます!

 

一冊目 (2022年1月)

 

星の王子様 ラダーシリーズ Lv.2
  The Little Prince

 

記念すべき一冊目は「星の王子様」

ある日突然、洋書読書の挑戦を思い立ったので、Twitterのお友達から紹介して頂いた本をそのままポチって購入しました。

 

結果、、、

フツーに読めました

 

というのも、

本が届くまでの間に、日本語版を読んだしまったのです。

Ataru
Ataru

待ちきれなかった…

 

英語を読めているのか、日本語の記憶が蘇っているだけなのか、イマイチよくわからない結果にモヤモヤ。

直前で日本語版を読むのはダメでしたね~~

 

 

二冊目 (2022年2月)

HOLES

 

洋書初心者にオススメの本を調べまくって辿り着いた一冊。

 

とにかく読み易いと様々なブログで紹介されていたので、

(まあ、大丈夫だろう)

と購入。

 

 

が、しかーし。

 

激ムズ!!!

 

半分も読むことができずに挫折しました…TT

 

ラダーシリーズの素晴らしさに気が付かされた一冊となりました。。。

 

 

三冊目 (2022年6月)

グリム名作選 ラダーシリーズ Lv.1
  The Best of Grimm’s Fairy Tales

 

資格の試験が終わって洋書読書の習慣を再開。

「HOLES」ですっかり心を折られてしまったボクは、ラダーシリーズの…しかもLv.1から洋書読書を再開することに。

 

結果は、

ギリギリ楽しめる範囲

 

内容の理解度70〜80%といったところでしょうか。

 

ラダーシリーズL.1はTOEIC300~400点が目安となっていますが、英語センス0のボクにとってはこのくらいで限界みたいです。

 

 

 

四冊目 (2022年7月)

日本昔話1 ラダーシリーズ Lv.1
  Long-ago Stories of Japan vol.1

 

グリム童話ですらギリギリだったボクは、

Ataru
Ataru

(いっそ、一番簡単そうな本から読んでみよう…)

 

ということで、日本昔話に挑戦。

 

読み終えたボクの感想。

 

読みやすい!

 

内容をほぼ完璧に理解することができ、大満足な結果となりました。

 

 

 

五冊目 (2022年8月)

イソップ物語 ラダーシリーズ Lv.1
  The Best of Andersen’s Fairy Tales

 

日本昔話でちょっぴり自信を取り戻したボクはイソップ物語に挑戦。

 

Ataru
Ataru

(グリム童話もイソップ物語もたいして変わらないだろう)

 

が、しかーし。

 

そこそこ難しかった…

 

グリム童話と異なり、物語の主役が「動物」であるため、話のオチを上手く理解することができず、モヤモヤ。

一つ一つの話が短いことが幸いして、どうにか最後まで読み通すことができましたが、辛かったTT

 

 

 

六冊目 (2022年9月)

アンデルセン名作選 ラダーシリーズ Lv.1
  The Best of Andersen’s Fairy Tales

 

あまり本を読まない子供だったので、海外の昔話といえば、「グリム童話」と「イソップ物語」しか知らないおバカなボク。

amazonのオススメに上がってきた「アンデルセン」をそのままポチって購入しました。

 

人魚姫とか、裸の王様とか、そこそこ有名な話が収録されていることにホッと一安心ε-(´∀`*)

 

が、しかーし。

 

難しい~~~!!

 

一つ一つの背景や感情の動きが細かく表現されているので、細部を理解することができず、読んだ気がしません(TT)

童話だからといって簡単とは限らない

改めて実感しました。。。

 

 

 

七冊目 (2022年10月)

イギリス民話 ラダーシリーズ Lv.1
  English Folk Tales

 

海外の昔話として四冊目。

やはり、amazonのオススメに上がってきたものをそのままポチりました。

 

アンデルセンの二の前になりそうな、嫌な予感を覚えながら読み始めましたが、

これは、面白い!!!

 

アンデルセンと正反対で、淡々とストーリーが進んでいくため、気持ちよく読み通すことができました。

 

 

 

八冊目 (2022年11月)

日本昔話2 ラダーシリーズLv.1
  Long-ago Stories of Japan vol.2

 

仕事が繁忙期だったため、日本昔話で小休憩。

やっぱり日本昔話のシリーズは期待通りの読み易さ(*^▽^*)

 

vol.1とくらべてマイナーな話が多いものの、それはそれで面白かった。

 

 

 

九冊目 (2022年12月)

芥川龍之介短編集 ラダーシリーズLv.1
  Short Stories of Ryunosuke Akutagawa

 

ラダーシリーズLv.1の童話を一通り読んでしまったので、新たな挑戦「日本文学」

今までの経験から、「日本語が原作の短編集が読み易い」ということでこの本をピックアップしました。

 

が、しかーし。

難しいぃぃ!!!。・゜・(ノД`)・゜・。

 

正直、大失敗。。。時期尚早でした。

 

 

 

十冊目 (2023年1月)

宮沢賢治短編集 ラダーシリーズLv.2
  Short Stories of Kenji Miyazawa

 

ラダーシリーズLv.1「芥川龍之介」でズタボロにされたばかりのボクですが、記念すべき10冊目ということで、強引にラダーシリーズLv.2へステップアップ((+_+))

 

日本語が原作の短編集で、小さい子ども向けの本ならどうだ!!!

ということでこの本を選びました。

 

結果、、、

あれ?そこそこ読みやすいじゃん(OvO)

 

ラダーシリーズのLv.よりも、本のジャンルの方が大切。

重要な学びを得ることができました。

 

 

 

洋書の選び方

以上のとおり、十冊の洋書を読んでみました。

 

それでは、この経験を踏まえて、

「英語力には自信がないけど、、、洋書を読んでみたい!!!

 

そんな方のために、読みやすい洋書を選ぶ上でのポイントを紹介します。

 

ラダーシリーズを活用

洋書を読もうと思うと、ついつい普通の洋書に手を出してしまいたくなりますが、洋書のハードルは想像以上に絶壁

はやる気持ちを抑えて、ラダーシリーズでコツコツ登っていきましょう!!!

 

ボクが感じた、ラダーシリーズの素晴らしいポイントは以下の3点

  • 単語の難易度別でざっくりレベル分け
  • 物語に入る前に、ポイントがまとめられている
  • ページ数が約100ページで揃えられているから、習慣化しやすい

 

“ラダー”の名のとおり、これから洋書読書の習慣を取り入れたい人にとって、しっかり考えられたシリーズです。

是非、活用しましょー!

 

『短編集』を選ぼう

ラダーシリーズのLv.1だとどれも同じなのか?

…というと、全然そうでもなくて、選び方次第で難易度が全く異なります。

 

とくに意識すべきポイントは、収録されている話の数

 

一つの話が短ければ、途中で躓いてしまってもすぐにリセットすることができるので、短編集を選ぶと読み易いですよー!

必ずチェックしましょう!

 

原作が日本語

洋書を読んでいて気がついたことは、英語が理解できないというより、海外の習慣をそもそも理解できていなかったということ…

なので、原作が日本語かどうかも重要なポイントになります。

自身のない方は、日本語が原作の本を選んで、まずは英語に慣れるところから入ればスムーズだと思います(*’▽’)

 

読みやすい洋書ベスト3

それでは、、、

実際に読んでみて、読みやすかった洋書ベスト3を紹介します!!!

 

第三位

 

グリム名作選(ラダーシリーズ Lv.1)

 

海外の昔話といえばこれ。「グリム童話」。

ヘンゼルとグレーテルをはじめとした馴染みのあるお話が9つ収録されています。

 

一つ一つの物語の長さが絶妙にちょうどよく、それであって、シンプルな構成となっていいるため、淡々と読み進めることができました。

 

後半のお話になるとだんだん難しくなってくるのですが…

それでも、他の洋書と比べると格段に読み易く感じました。

 

 

続いて

第二位

 

イギリス民話(ラダーシリーズ Lv.1)

 

予想外の読みやすさで衝撃を受けたイギリス民話が第二位。

ジャックと豆の木や三匹の子豚などなど、やはり有名かつシンプルな話が多数収録されているので、安心して読むことができる一冊

 

そして、この本のポイントは、ボリュームが少ないということ。

ページ数でみるとラダーシリーズはどれも100ページ前後で構成されているものの、実は文字の大きさが本によって異なっています。

グリム名作選「1ページ=21行」に対し、イギリス民話「1ページ=17行」

 

この違いによって、サクサク読めてしまうのです。

また、一つ目のお話「ゴッサムの賢人」は、このお話自体が短いお話の集合体となっているため、超短い話で英文に慣れてから短編集に入れるところもポイントです。

 

 

それでは、いよいよ

第一位

の紹介です!

 

 

 

日本昔話(ラダーシリーズ Lv.1)

 

ぶっちぎりの第一位。

短編集で、日本語が原作で、馴染みのある小さい子ども向けのシンプルなお話。

読み易い要素が全て揃っています。

 

ボクはVol.1とVol.2を読みましたが、どちらも変わらず読み易いです。

ただ、どちらかといえばvol.2がオススメ。

 

それぞれの話の知名度でいえばVol.1の方に軍配が上がりますが、Vol.2の方が収録されている話の数が多く、スムーズに読み進めることができました。

 

Comment

タイトルとURLをコピーしました