英語嫌いのためのTOEIC勉強法④(リスニング)

英語嫌いの克服

おはようございます。

前回の記事では、「英文法」の次のステップとして「長文読解」の学習に進むことをオススメしました。

今回の記事では、その次のステップについてお話ししたいと思います。

次のステップの前に(再び)

「長文読解」の教材が終わったら、次は「英文法」に一旦戻ることをオススメします。

え!また(゚Д゚;)!!!…と思いますよね?笑

やはり英語嫌いにとっては「英文法」の教材を1冊終えるだけでは知識が定着していません…

新しい教材を購入する必要はなく、前回使った教材をサッと見直すだけで十分です!
このように新しい教材に進むタイミングで、その前の教材の復讐を挟んでいく習慣をつけましょう♪

「三歩進んで、二歩さがる~♪」って感じです。

次のステップ「リスニング」

「英文法」の復習を終えたらいよいよ次のステップに進みましょう♪
次のステップは「リスニング」です!

「長文読解」の理解度は、TOEICでいうところのPart1~4で問われます。
英語嫌いにとっては厄介な強敵です!

「英文法」や「長文読解」のパートであれば時間をかけてじっくり考えることができるので、なんとな~く意味のわかる問題もあるかもしれません。
それとは対照的に、リスニングのパートはどんどん問題が進んで行ってしまいます

リスニングのパートはTOEICテスト前半の45分間。
英語嫌いにとっては、全く問題を聞き取ることができないまま、ただマークシートを塗りつぶす地獄の時間

特に英語の勉強をそこそこやってからテストに臨んだ人の場合だと、
「英語の勉強をずっとやってきたのに何でさっぱりわからないんだろう…」
という気持ちになって、心をへし折られます…

ですが、リスニングパートはある一定以上のレベルに達すると、突然問題を解けるようになります

そして、リスニングのパートはスコアの比重が最も高いパート(495/990)です。
「リスニング」を解けるようになるとTOEICのスコアがグッと伸びていきます!

リスニングパートまでくれば、成果を実感できるようになるまであとわずかです!
目の前の結果に一喜一憂せず、コツコツ頑張りましょう♪

「リスニング」スキルを高めるコツ

「リスニング」のスキルを高めるコツは、一つ一つの問題に対して「シャドウイング」ができるようになるまで練習することです。

シャドウイングとは音声を聞きながら、同時進行でそれを復唱するするテクニックです。

英語の教材で初めてシャドウイングについて知ったとき、筆者はこう思いました。

日本語訳だけで大変なのに、そんなことまで手が回らないよー!(/_;)

でもよくよく考えてみたら、シャドウイングって当たり前のスキルなんですよね。
音声を聞いたとしても、自分で発せれない音の意味を理解することなんてできませんから…

正解するまで何度も問題を解くよりも、しっかりシャドウイングをできるようになることを意識した方がいいと思います!

英語嫌いのためのオススメの「リスニング」教材

TOEIC TEST 短期集中リスニングTARGET600 NEW EDITION(森田 鉄也 先生)

筆者の大好きなTARGETシリーズです(笑)

「TOEIC(R)TESTリスニングTARGET600」というものもありますが、新形式の問題が追加された短期集中(NEW EDITION)の方をオススメします。

「英文法」、「長文読解」と同様、隙間時間の学習に最適です。

前述の通り、問題の成否にかかわらず、シャドウイングスキルを身につけながら進めるところがポイントになります。筆者の進め方は以下の通りです。

  1. 取り合えず音声を聞いて問題を解いてみる(全然解けない)
  2. 答えを見て、会話と問題文を日本語訳する
  3. 音声なしで会話と問題文の発音を練習する
  4. 音声と同時に会話と問題文を発音(シャドウイング)を繰り返す

隙間時間で取り組む場合、声に出すことが難しいかもしれません。
その場合、周りに聞こえないくらいの小声(もしくは心の中でつぶやくだけ)でも大丈夫です

シャドウイングにつまずいたら

英語嫌いが陥ってしまう失敗として、聞こえない音を頑張って発音しようとしまうことがあります。

例えば、問題文中に「and(アンド)」や「from(フロム)と書いてあるのに実際には「ン」や「フ」とだけ発音する場合があります。

その他にも前後の語と同化するときもあれば、音が脱落する場合もあります

最初の頃はその見極めに時間を要してしまうかもしれませんが、シャドウイングを繰り返していると、文字で見ただけでも「同化する音」、「弱く発音する音」、「脱落する音」を予測できるようになります。

もし、なかなかそのコツを掴めずに苦労している場合はオススメの本があります。

TOEICテストリスニングプラチナ講義(ジャパンタイムズ)

どちらかといえば上級者向け(?)に作られている本なのでしっかり取り組もうとすると、かなりボリュームがあります。英語嫌いの方は、シャドウイングのテクニックにフォーカスしてサラッと流し読みすことをオススメします。

Comment

タイトルとURLをコピーしました